January 27, 2018

イスから立ち上がると、「おお、以外に大きくてビックリするわ」と言われることが多々あります。

母親の遺伝なのか(おそらくそう)、僕はスクスクと育ちすぎて気が付いたときには、周りより背が高くなっていました。自慢のように聞こえるかもしれませんが(そんなことは毛頭思ってない)、僕は身長が185㎝あります。

そして、体重は、サッカーをやっていた高校の時は68㎏、大学から先月初旬までは71㎏あたりを行ったり来たり。あまりピンとこないと思いますが、いわゆる“やせ型”で生きてきました(これまではね)。

小さい頃から大食いでスナック菓子が大好き。お酒も飲むし、とても不摂生。なぜか太らなかった青年時を経て、僕にもやってきました中年太り。


「なんだか体重いな」(たぶん気のせいかな)

「あれ、おなか出てきたな」(いや、まだギリいける)

「ちょっと、ヤバいかな」(でも、食べたいし…)

「そろそろ、ダメかな~」(チーン、合掌。はい、もう太ってます)


昨年の夏くらいからみるみる重くなり(夏なのにね)…71㎏だったはずの体重は、77.7㎏と、なぜか縁起のいいゾロ目へと変化を遂げていました(喜べない)。

ここまでくると、周りからは「なんか太ったね」の嵐で、そのあと僕にやってきたのは、「人と会うのいやだな~。でも中年だから、しょうがないよね」と、無意識にお菓子に手を伸ばしている始末(末期)。

ただ、「人と会うことが好きなのに、デブ性、いやいや、出不精(お約束)って…」と心のどこかで思ってたし、嫁から「いや~、ひどいね…」って言われたこともあり、体も心も重い僕は、「えい!」と一念発起、ダイエットを試みることにしました。

テレビやネットなどでは、「痩せるサプリ」とか「○○ダイエット」とか、色々な情報が回っているなか、ふと、大学の同級生、高稲くんが、エクササイズ系のYouTuberとして活躍していることを思い出しました。

そのチャンネル名は「マッスル・ウォッチング」。ダイエットも含め、健康な生活を送るための様々なトレーニングを紹介し、今ではとても人気のあるチャンネルなようです(出した本も書店でみかけるしね)。

そのチャンネルを参考に、僕は①食事の見直し②筋トレを実践。

すると、みるみるうち、魔法のように痩せていき、一カ月半でおおよそ71.7㎏(-6.7㎏)まで落ちました...

January 16, 2018


本日は吉祥寺のセレクトショップ、BONDOへ。
店主の村上さんに会うのが目的でした。


例えば、どこかの湖を訪れたとします(唐突)。

 


水面からブクブクと神様が現れて、

「お前の人生の師と仰ぐ人物を答えよ」

なんて言われたら、僕は


「そのひとりは、BONDOの村上さんです」

と答えます(どんなシチュエーション)。


僕は人生の転機を迎えたり、悩んだり、迷ったりすると、必ず会いに行く人がいます。
その1人が、今日お会いした村上さん。

村上さんは会社員を経て、吉祥寺にBONDOをオープン。現在は、このお店をご夫婦で営みながら、平日はブルーボトルコーヒーのバリスタをされています。

初めてお会いしたのは、かれこれ5年前くらい(だったような)。

その頃から現在まで、話は多岐に渡っても、村上さんは一貫して、
「自分らしさを表現すること」「心地よい状態を保つこと」の大切さについて、教えてくれているように思います。

BONDOからの帰り道は、「大切にしなきゃな」ってことがすっきりと整理され、物事を前向き捉えられてる自分に気付かされます。

今日もとても有意義な時間を過ごせたので、にやにやしながら、心地よく帰っています(気持ちわるい)。


ここまで書いて、BONDOの商品の素晴らしさを伝えてないことに気付きました…。

でも、熱量を持って、人の心を動かせる村上さんがセレクトした商品は、どれもストーリーがあって、素晴らしいものばかり。

吉祥寺に行くときは、ぜひお立ち寄りください。というか、そうじゃなくても、ぜひ訪れてほしい場所ですよ。ぜひ。

January 8, 2018


アパレル会社で働いていた頃のはなし。年末年始明けの初出勤は、仕事を早々に切り上げ、昼くらいから明治神宮へ参拝。そのあと新年会という流れを毎年繰り返していました。

その会社を退職してから数年後、久しぶりに明治神宮を訪れました。

東京は春のように暖かな気候。草木に差す光がきれいで、思わず撮影、バチ当たりだったら、神さま、すみません(おそらく、すまされない)。

 


そして、今年初のおみくじを。

ちなみに明治神宮のおみくじには「大吉」とか「吉」とかはなく、明治天皇などの御歌が記してあります。

引きました。

 


昭憲皇太后の御歌の「智」という大御心。

「おこたりて 磨かざりせば 光ある 玉も瓦に ひとしからまし」
 


つまり、「なまけて磨くことを怠ったならば、立派な光を持つ宝石も、瓦や石ころと同じで、何の役にもたたなくなります」ということみたいです。

こ、これは、「お前、いいもん持ってるから(ムダにポジティブ)、怠けるなよ〜。じ〜っと見てるぞ〜」という、戒めのような御言葉。
 


僕は怠けることに関してピカイチですが(これほんと)、今年はいつも神様が目を皿のようにして僕を見ているって意識を持って(しんどいわ)、毎日を「ちゃんと」(なにを)暮らしていこうと思います。

それにしても、「神さま、もう少しだけ」優しくしてくれても、いいんじゃないでしょうか。

Please reload

最新記事
Please reload

Please reload

 Copyright(c) 2017 Hiroyuki Funayose All Rights Reserved