June 29, 2019

写真は今年で活動30周年を迎えるロックバンド、THE YELLOW MONKEY(以下「イエローモンキー 」)を特集した雑誌『SWITCH』の7月号

僕がどれほどイエローモンキーが好きなのかは、長々と4月17日に書きましたが、今回はその続きというか、終わりというか、始まりというか。

「この特集で原稿を書いた」

単純に言えば、こんな簡単な文章にはなるんだけど、普通に考えるとあり得ないわけで……それくらい僕にとっては天にも昇る出来事であり、生きてて良かったと心から思える経験となりました。

遡ること3カ月前(忘れもしない3月18日)。

突然、SWITCHの(スーパー)編集者さんから「イエローモンキーの特集をやるから手伝ってほしい」との電話。

僕は以前、この雑誌も発行する出版社、スイッチ・パブリッシングにいたけど、辞めてから数年が経つし、まさか自分に声がかかるとは夢も思わなかったわけで(この編集者さんとのエピソードが僕の人生にとって大きな出来事になったのですが……綴ると数千字に及ぶのでまたの機会に書きたい)。

電話でその言葉を聞いた途端、僕は人目をはばからず泣きながらくしゃくしゃの顔で「一生懸命やります」と返答したことを覚えています(青春か)。

それからしばらくして、僕はイエローモンキーのメンバー、そして彼らを95年から撮り続けてきた写真家・有賀幹夫さんに取材をさせていただきました。

みなさんと同じ時間を共にしたはずなのに、思い返すと自分がその場にいたことすらあやふやで、未だに不思議な気持ちになります(確かにいたんだけどなー)。

そして、いよいよ原稿に取りかかることに。そんな僕は思いもよらない恐怖と直面します。

当然、誌面に書くことのできるページ数と文字数は限られているため、取材した全ての言葉を掲載できるわけではありません(まぁ、それはどのインタビュー記事も同じなんだけど)。

「この言葉を選ぶべきか」

「それともこの言葉なのか」

僕の選ぶ一文がイエローモンキーファンはもちろん、この特集を読む人に最も届くような内容にしたい、というか、しなきゃいけない。

そう考えれば考えるほど、迷うし、悩むし、手が止まるし……。

ただ、そんな苦悩が続きながらも、20年以上もファンであり続けるイエローモンキーの記事を書く喜びを噛みしめる日々。

執筆のピークとなる1カ月間、僕はSWITCH以外の仕事は抑えて、家事もマイワイフに任...

Please reload

最新記事
Please reload

Please reload

 Copyright(c) 2017 Hiroyuki Funayose All Rights Reserved