Event

立体 No.10

2019.6.29

手の中にある平面もいいけど、目の前にいる人を立体的に感じる交流イベント「立体」。
やわらかく言うと、大人がお酒とかを飲みながら、わりと真面目に会話を楽しむ時間(最初から言え)。

 

今回のテーマは「過去・現実・未来」にしました。

「過去に縛られる」なんて言葉をよく耳にしますよね。

以前の僕はその気持ちがとても強くて、「あの時、ああすればよかった」とか「あれが失敗しなければ」なんて、大いにネガティブな気持ちで毎日を過ごしていたわけで。

もちろん今があるのは過去があるからで、未来を想像できるのも、過去に積み上げたものがあるからこそ。

でも、今を自分らしく生きられるためには「過去」「現在」「未来」、どれを見つめることが大切なのか。

答えなんてないだろうけど、あなたの、誰かの、僕の会話を通して、ふわっと何か感じるものがあれば。

そんなことを思っています。

『立体10』

日時:6月29日(土)18:30~21:30

場所:ヨリフネ

神奈川県横浜市神奈川区松本町3丁目22-2

参加:無料 入退場自由

ドリンク:キャッシュオン

立体 No.8

2019.3.16

手の中にある平面もいいけど、目の前にいる人を立体的に感じる交流イベント「立体」。
今回のテーマは「旅をすること」。

旅の会話は、新たな旅のはじまりに。

『立体8』

日時:3月16日(土)18:30~21:30

場所:ヨリフネ

神奈川県横浜市神奈川区松本町3丁目22-2

参加:無料 入退場自由

ドリンク:キャッシュオン

靴磨き職人・明石優さんの靴磨きワークショップ

 2019.2.23

《靴磨き講座 vol.3》

毎回好評の靴磨き職人・明石優さんによるワークショップ。

あっと驚く魔法の仕上げを伝授していただきます。

《プロフィール》

明石優(あかしゆう)

茨城出身。2006年靴磨きを始める。2008年シューズラウンジ Brift H が南青山にopen、百貨店、アパレルブランドのイベントなど靴磨きパフォーマンスを経験。現在は『自由大学』、熊谷『NEW LAND』など様々な場所にて日本には数少ない靴磨きの講師として活躍。靴のケアをより身近にしてもらいたい想いで代々木公園にてaozorshoe shine schoolも開講中。この時代だからこその靴磨きの大切さと奥深さを伝え、靴を手入れすることを歯磨きくらい当たり前の文化へ発展させていく

.

【イベント詳細】

日時:2019年2月23日(土)

12:00~14:00/15:30~17:30

持ち物:ピカピカにしたい靴

場所:器とギャラリー・ヨリフネ

 神奈川県横浜市神奈川区松本町3-22-2

http://apt207.theshop.jp/about

(東横線・反町駅から徒歩5分)

参加費:3,500円(ドリンク付き)

定員:各回6名

応募方法:お名前・ご連絡先・参加人数・希望時間を明記し、 hiroyuki.funayose@gmail.comまでご連絡ください 

ワークショップ|つくること

2018.11.17

12:00-17:30

いわもとまきこさんとhaseさんの植物・布・紙を使ったワークショップ。

選んで つくって 渡して 持ち帰る

​参加費:1500円

18:30-21:30

「立体5」

手のひらの平面から、目の前の『立体』へ。
ネットもいいけど、せっかくなら同じ空間でお互いを知ってみたい。

大人の会話時間。どなたでもご参加いただけます。

いわもとまきこ

https://iwamotono.exblog.jp

hase

http://www.hasenokutsuhomepage.com/index.html

桃井敦史 写真展「A LIGHT LEADS TO ANOTHER」

2018.10.12.~10.21
桃井敦史さんの写真展をおこないます。

【A LIGHT LEADS TO ANOTHER】
今作品は、様々な層の記憶が脈絡もなく想起される経験に着想を得て制作された。私自身がこれまでに撮影した写真をマテリアルとして用いることで、体験としての記憶と現在の位相との関係性を提示しようと試みた。

《作家・プロフィール》
桃井敦史(ももい・あつし)
1979年大阪府生まれ。関西学院大学社会学部社会学科卒業。ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティング修了。写真集『score(#scene1/Tokyo)』(TheVelvet Cell、2014年)。グループ展「Espy photo awardexhibition」(スウォンジー、イギリス、2015年)、「New Japanese Photographers 日本の新進写真家たちvol.2」(代官山ヒルサイドフォーラム、東京、2015年)。現在東京都在住。
http://atsushimomoi.com/

《写真展詳細》
日程:10月12日~10月21日 12:00~18:00 休:火・水

作家在廊予定:10月20日、21日
場所:2会場
「ヨリフネ」 横浜市神奈川区松本町3-22-2 

「 H Funayose Gallery」横浜市神奈川区反町4-32-8

​(会場間徒歩5分)

蚤の市

2018.9.8-9.16 
会期中休 月・火・水(ヨリフネは火・水)

ヨリフネと合同で古物の蚤の市を開催します。

H.Funayose galleryではOubaiさんの漆器と、タユタフさんの古物と器、ふたつの月さんのスワッグを。

ヨリフネでは、coil 4さんとnoeudさんの古物を展開します。
遠い遠い昔、それは誰が使い、その人はどんな生き方をしたのか……なんて考える秋はいかがでしょうか。


 

立体 No.2

2018.8-2

手の中にある平面もいいけど、目の前にいる人を立体的に感じる交流イベント。

2人展|重ねる

2018.3.9-18

いわもとまきこさんとhaseさんの植物・布・紙を使った企画展を開催しました。

いわもとまきこ

https://iwamotono.exblog.jp

hase

http://www.hasenokutsuhomepage.com/index.html

Toraya Equipment×オカタオカ

2018.3.9-18

ひょんな出会いから始まったこの企画展。TORAYA EQUIPMENTさんの受注会「Eureka!Eureka!」と、オカタオカさんの巡回展「RAKE FALLEN LEAVES」のジョイントエキシビションを開催しました。

TORAYA EQUIPMENT

http://toraya.equipment

オカタオカ

http://momonga-pyonpyon-magazine.blogspot.com

長谷川朗 作品展 「Stranger Family」

2018.2.16-25

イラストレーター・長谷川朗さんの作品展「STRANGER FAMILY」を開催。方眼紙から浮かび上がってくる無数の丸や線によって生まれる不思議なキャラクターたち…。線を引いているうちに勝手に生まれてきた子たちを展示しました。

長谷川朗

https://twitter.com/goennosuke

大庫真理 作品展 「Walking in Paris & Düsseldorf」

2018.1.19-28

雑誌などで活躍するイラストレーター・大庫真理さんが2017の11月に訪れたパリとドイツのデュッセルドルフの滞在で、特に印象に残ったシーンを描いた新作ドローイングを展示しました。

大庫真理

https://www.marioogo.com

佐伯ゆう子作品展「Permanent December」

2017.12.1-10
広告、書籍、雑誌、ファッション、ウィンドウペインティングなど、国内外で活動するイラストレーター・佐伯ゆう子さんの展示をおこないました。

佐伯ゆう子

http://yukosaeki.com

Please reload

 Copyright(c) 2017 Hiroyuki Funayose All Rights Reserved