Please reload

最新記事

例えるなら稲垣吾郎のように

December 21, 2017

 


写真展で、あごに手を置きながら「この写真いいよね…」なんてキザな言葉が言えるわけもなく、「はて、この写真の良さってどこだろ?」と心の中であたふたすることが多い僕。

横浜美術館で開催されている、石内都さんの展覧会「肌理と写真」へ行ってきました。

内容は言わないけど、とてもよかった(少しは説明せーよ)。

写真に対して「この構図が」とか「この技法が」とかってことではなく、なんだか身体で写真を浴びるような感覚で、今までにない体験的な写真展だったからっす。

今まで、巨匠と呼ばれてきた写真家さんの作品を見ても「ぽかーん」としてしまうことが多かった僕。

さっきまで、「写真の魅力って難しいなあ」って思っていた僕を、石内さんが「あなた、写真をもっと楽しめるんじゃないの?」と、そーっとオカリナを吹くように僕にささやいてくれた気がします(どんな説明や)。

この展覧会は2018年の3月まで開催されてますので、この感覚を「ああ、それ分かる、うんうん」なんて分かち合える人がいたら、ぜひハイボール(糖質制限中)で乾杯したい気持ちです。

みなさん、横浜に来た際は、中華街で焼き小籠包をテイクアウトして、横浜美術館へ。

美術館は食べ物の持ち込みは禁止ですので、たどり着く前に、歩きスマホならぬ歩き焼き小籠包は控えて、ベンチなどでお楽しみください。

 

 

 

===============================

《 information 》

 

 

大庫真理 作品展

「Walking in Paris & Düsseldorf」

《日程》

1月19日(金)〜1月28日(日) 12:00〜18:00 休:火・水

《場所》

①器とギャラリー ヨリフネ

横浜市神奈川区松本町3-22-2 ザ・ナカヤ101

②H.Funayose gallery

神奈川県横浜市神奈川区反町4-32-8

 

===============================

 

Hiroyuki Funayose

Instagram 

Facebook

Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ