Please reload

最新記事

今年の終わりに…正直に

December 31, 2017

 

 


2017年も残すところあと2日、今年を振り返るよりは、2018年、というか明日からのことを考えたほうがいいと思う年末。

ただ、今年は人生にとって(おそらく)大きな1年だったような気がします。

3月に会社員を辞めてから、「おい、お前大丈夫か?」「会社辞めてやっていけるのか?」「てか、お前の本当にやりたいことって何なの?」と、頭の片隅でいつも問いかけてくる、“リトル・フナヨセ”。

そんな「自分は何者で、何者になりたいか」と、自問自答を繰り返す暮らしが今も続いています。


先日、久しぶりに渋谷の本屋さん、SPBSに行きました。

ここは僕が30歳くらい、アパレルメーカーの会社員として働いていた時に、土日を使ってインターンをしていた場所です。年甲斐もなくね。

この本屋さんは当時の会社に近く、選書も独特で魅力的(今でもね)、トークイベントなど「体験型本屋」の展開も早かったので、その新鮮さに魅了されていました(今でもね)。

「このままなぁなぁと人生を過ごすのはいやだな、やっぱり好きなことをしたいな」と、悶々としていた僕。

その一歩は「インターン」という、30歳の大人が考えもつかないくらい幼稚(かもしれない)なチャレンジでした。

インターンに入ると圧倒的なおっさんの僕を横目に、隣でキャピキャピ大学生たちが、キラキラと夢をときめかせテキパキと動いている。

勤めていた会社では、ある程度の仕事ができるようになってたけど、本屋っていう、ほとんど分からない世界に立つとミスもするわけで、「あっ、すみません」と若者に謝ったりすると、もう、なんかね、なんだろね、この切なくて情けなくて虚しくて悔しくてって感じ。

でも、ここの本屋さんが好きだったし、このインターンを通して、

「インターン後もこの本屋さんに潜り込む」
「本業界に繋がりを持つ」
「それ以外の人ともより多く繋がる」

って目標を掲げ、平日の仕事で疲れた体にムチを打ち、眠い目をこすりながら毎週末はここに通い、結局、1年ほどお世話になりました。

数年後、この本屋さんの講座(裏方)をキッカケに、僕は出版社へ繋がり、今年その出版社を退社、そして今に至ります。

なので、僕はこのSPBSのインターンの募集を見つけたことから、第2(くらいかな)の人生が動き始めたんだと思います。


はじめに「振り返るな、前を向け」と書いたのに、すでに振り向いて思い出していますが(そこは愛嬌)、

僕がここで言いたかったことは、何歳でも意思があれば、やり直せるし、立て直せるし、生まれ変われることができるってこと。

僕が30歳で思っていた「自分を変える壁」は、とてつもなく高かったはずなのに、今となってはその壁は全くといいほど低くて忘れているほどです。

「働いてるから」「時間がないから」「自分は向いてないから」なんて言い訳は僕も山ほどありますが、

思ってるだけの「こうなりたい、あれやりたい、これやりたい」の一歩は案外、というか、とっても低い壁かもしれませんよ。

そんなことを偉そうに言っていますが、「お前、なにか為し遂げたの?」と聞かれると答えは到底「NO」ですが、明日からは「YES」になるかもしれないと思って(勘違いしながら)生きています。

 


「ふだんを変える。それがいちばん人生を変える」
(本田技研工業のコピー)


そうだよなー、こんな何者でもないアラフォーのおっさんでも、少しふだんを変えたから、「今が楽しい」って言えるんだもんなー。


もうすぐ年が明けます。

「一年の計は元旦に」って言葉がありますが、僕は、あなたがこれからしたいことを、たくさん聞きたい2018年にしたいと思います。

“画像が命”(芸能人は歯が命)と言われるインスタグラムですが、次回からも長々と書いていきます。

お付き合いくださり感謝いたします。

今年や、これまでに出会ったみなさま、本当にお世話になりました。

どうぞ、良き年をお迎えください。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ